Amazon.co.jp ウィジェット
宮里藍(プロゴルファー) | CUTPLAZA Salut - 芸能界のニュースやゴシップを紹介するブログ

CUTPLAZA Salut


-


アクセス
カウンター

Yesterday | Today
RSS feed meter for http://cut.plaza.chu.jp/
あわせて読みたいブログパーツ
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Amazon
DVD
アニメDVD
Page:   1/1    -  NEW| TOP |OLD

2006.01.25 Wednesday 宮里藍(プロゴルファー)

第2回女子ゴルフワールドカップ、健闘も藍&さくら12位

「ヘラヘラするな!」藍ブログに猛烈バッシング
藍&さくら、南アの試練−。連覇を狙った女子ゴルフの「第2回ワールドカップ」で、見せ場なく12位に終わった日本代表の宮里藍と横峯さくらに対し、批判が沸き起こっている。なかでも日本のエースと期待された宮里は、自身のホームページにも「ヘラヘラするな!」など痛烈な意見が寄せられ、逆風が吹きすさぶ、厳しいシーズンの幕開けだ。

 「日本の国旗を付けて闘っている他のスポーツ選手で負けて笑っている方いますか?」

 昨年秋に開設し、「ファンとの交流の場として、宮里自身も更新を楽しみにしている」(マネジャー)という宮里のブログ(日記)に、こうした厳しい意見の書き込みが相次いでいる。

 最終日のホールアウト後には、横峯と2人で「楽しんだ」「経験値が上がった」と、中継インタビューで笑顔を見せたことで、書き込みの内容もエスカレート。マネジャーは「いろいろな人の意見が寄せられることは、本人の意思でブログを開始したときから想定内」と説明するが、「ふざけんなと思った」「何様?」などと、本人が目にしたら動揺してしまいそうな、どぎつい言葉も混じり始めた。

 宮里は優勝が絶望的になった第2日終了後に、「悔しさは今まで以上に強いです。ぜひそれは理解してもらいたいと思います。生意気なことを言っているのはわかっています」と、ブログで心境を訴えていたが…。

 やはり、日の丸を背負った今回は、ふだんのトーナメントの成績とは、ファンの受け止め方が少々違ったようだ。批判的な書き込みは、まず開幕わずか2日前に会場入りした宮里の準備不足に矛先が向く。

 宮里は最終日のホールアウト後も、「今年1年、米国でやっていく上ではどうしても必要なビザ(取得)だったのでしようがないですね」と説明したが、個人的な事情は「日本代表だから応援する」というファンの前では、説得力がない。また、ともに人気の横峯とのペアで、優勝した昨年以上に期待がふくらんだため、ファンの失望感も大きくなった。

 「W杯ですよ。日本代表の2人は闘う姿勢、気持ちが全く感じられません。へらへら会見あれはないでしょう? 大会に出場したかったプロもたくさんいるはずです。日本代表とは何なんですか?」というのだ。

 しかし、実際には、賞金ランク1位の不動裕理と3位の大山志保が出場を辞退したために、2位の宮里と4位の横峯が日本代表になっている。

 個人競技のプロスポーツとして発展してきたゴルフで、毎年シーズン開幕前に、国別対抗戦に引っ張り出される選手のモチベーションと、日本代表というだけで、4年に1度のサッカーW杯や五輪と同じ使命感を期待してしまうファンの気持ちにズレが生じている。

 歴史があるサッカーとは違って、ユニホームさえないゴルフの日本代表に「名誉」など確立されてはいないのだ。野球世界一決定戦をうたってスタートするWBCを前に、ヤンキースの松井秀喜ら、日本代表の辞退者が続出している状況ともよく似ている。

 アニカ・ソレンスタムを擁するスウェーデンが優勝した今大会は、「昨年、宮里が活躍して優勝したからこそ、消費者金融のスポンサーがつき、一流選手が出てくる大会になった」(大会関係者)と、実はW杯自体の価値さえまだ脆弱(ぜいじゃく)だ。宮里は来年選出された場合について聞かれると、「ふぅー」と息をついて答えを濁し、横峯は「もういいかな(笑)」と本音を口に。

 そもそも、米ツアーと欧州ツアーが共催する今大会は昨年、日本ツアーは推薦扱い。"黄金コンビ"の苦戦、そしてバッシングで来年以降の代表選出に、黄信号がともりそうだ。
宮里藍サイト サントリー
ai-miyazato54.com|宮里藍 公式ウェブサイト
宮里藍 公式ウェブサイト

横峯さくらオフィシャルサイト | YOKOMINESAKURA.com
横峯さくら 〜SAKURA BLOG〜 - livedoor Blog(ブログ)


先日のワールドカップで、12位に終わった宮里藍&横峰さくらペア。
しかし、猛暑と慣れない芝とアンジュレーション、そして日本の一部の心無い人間からのバッシングに耐え、良く頑張ったと思うのです。

マスコミは、オリンピックでもそうだが、メダルや上位入賞者しか健闘を称えない情けない考えの所が多い。

しかし、彼女達は日本の代表として良く頑張ったと思う。


宮里藍選手のブログを見ていただくといいが、コメントの誹謗中傷が酷い。
まったくもって同じ日本人として情けない行為だ。
まぁ、書き込みの多くは、一部の心無いマスコミのバッシングを真に受けた、ただイタズラ目的の「ゴルフをしない人」もしくは「ゴルフをしていても、ゴルファー精神を持たないゴルフプレーヤー」の所為だろう。
本当に心の貧しい人たちだと思う。

そして、宮里藍選手は去年の女性週刊誌での報道を読んだ事があるが、何者かに脅迫を受けていて、試合を辞退したり、警備がついたこともあった。

そしておそらくは今まで脅迫し続けていた犯人が逮捕されたそう。
これからも、有名であるゆえにこうした心無い人からの問題も出ることだろう。
しかし、是非とも海外においてもめげることなく頑張って欲しい。
横峰さくら選手においても同じく頑張って欲しい。




藍ちゃんの父親ゆする、無職の男を恐喝未遂容疑で逮捕
 沖縄県警名護署は24日、女子プロゴルフの宮里藍選手の父親でゴルフ練習場支配人兼レッスンプロの宮里優さん(59)(沖縄県東村)から現金500万円を脅し取ろうとしたとして、同県宜野湾市愛知、無職喜納(きな)政吉容疑者(65)を恐喝未遂容疑で逮捕した。

 調べによると、喜納容疑者は11日、宮里さん親子を非難する内容の脅迫状を、優さんが支配人を務める名護市のゴルフ練習場に郵送し、現金を要求した疑い。

 脅迫状は、引き裂いた香典袋の表裏に黒のボールペンで書かれていたという。喜納容疑者は14日、同練習場に電話して現金が用意できたか確認し、不在だった優さんに代わって練習場従業員が「できた」と答えていた。

 同署員が、指示された17日午後5時に沖縄本島中部の大型ショッピングセンターで待機したが、喜納容疑者は接触してこなかった。しかし、指定場所周辺を行き来する挙動不審の喜納容疑者を同署員が確認し、身辺捜査していた。

 優さんは喜納容疑者について「ゴルフ場で顔を見たような気がする」と話しているという。

 また、昨年12月21日にも、同じように親子を非難する内容の文書が東村役場に送りつけられており、同署は喜納容疑者が送ったと見ている。

恐喝未遂 宮里藍さんの父脅した男逮捕 沖縄・名護署
 沖縄県警名護署は24日、女子プロゴルファー、宮里藍さん(20)の父優さん(59)を脅して現金を取ろうとしたとして、同県宜野湾市愛知、無職、喜納政吉容疑者(65)を恐喝未遂容疑で逮捕した。

 調べでは、喜納容疑者は今月11日ごろ、優さんが支配人をしている名護市内のゴルフ練習場に、藍さんと優さんを非難する内容の文章と「現金500万円をもってこい。警察には通報するな」と書いた文章を、引き裂いた香典袋の両面に書き、郵送で送りつけた疑い。

 届けを受けた名護署員が17日、受け渡し指定場所をうろついていた喜納容疑者を尾行。周辺の捜査から同容疑者が文書を送ったと断定した。容疑を認めているという。

 優さんは同容疑者について「どこかのゴルフ場で見た覚えはあるが、話したことはない」と話している。脅迫文には藍さんのゴルフの成績や技術をけなす内容もあったという。

 また昨年12月下旬には優さんが住む同県東村役場にも同じような文章が送りつけられており、県警は喜納容疑者が郵送したとみている。

コメントする
このエントリーを含むはてなブックマーク FriendFeed

コメントを読む
twitterでつぶやく B? FriendFeed で見る

2005.12.05 Monday 宮里藍(プロゴルファー)

【ゴルフ】宮里藍、米ツアー予選会トップ合格 諸見里しのぶも出場権獲得

【ゴルフ】宮里藍、米ツアー予選会トップ合格 諸見里しのぶも出場権獲得
★宮里藍、通算17アンダーで米ツアートップ合格

 【デイトナビーチ(米フロリダ州)=下山田郁夫】米女子プロゴルフツアーの来季出場権をかけた最終予選会は4日、フロリダ州デイトナビーチのLPGAインターナショナル・レジェンドコース(パー72)で最終ラウンドが行われ、首位スタートの宮里藍(20)は4バーディー、
4ボギーの72で回り、通算17アンダーでトップ合格した。来年は主に米ツアーで戦う。

 日本選手が最終予選会でトップ合格したのは、森口祐子、小林浩美に続いて3人目。

 宮里がマークした17アンダーは、最終予選会が5日間になった昨年にポーラ・クリーマー (米)が記録した通算11アンダーを上回る新記録。2位との12打差は、73年に最終予選会が始まってから最大となった。

 諸見里しのぶ(19)も通算2アンダー、9位タイで合格圏内となる24位以内に入り、来季の米ツアー出場権を獲得した。
続きを読む >>
コメントする
このエントリーを含むはてなブックマーク FriendFeed

コメントを読む
twitterでつぶやく B? FriendFeed で見る


CATEGORIES

ARCHIVES

注目ブログ記事

ブログ記事
ブログ内記事

カテゴリー
アーカイブ

NEW ENTRIES

Amazon
ファッション
ヘルス&ビューティー

RSS

SEARCH



(C) CUTPLAZA 【美容室・育毛・絵日記】